ホームページ作成費用はどれぐらいが相場なの?

ホームページの作成費用は、作成するホームページの種類によって異なります。

以下の表は、ホームページの費用の相場をまとめたものです。
 

種類 費用の相場
コーポレートサイト 20~100万円
オウンドメディア 20万~60万円
ランディングページ 5万~35万円
ポータルサイト 20~100万円
採用サイト 30~100万円
ECサイト 50~200万円


ちなみに、当社では5ページ前後の小規模サイトなら、39,800円(税込)で作成いたします。

パターン別!ホームページ作成にかかる費用の相場

ホームページの作成費用の相場をパターン別で紹介します。

紹介するパターンは、以下の通りです。

  1. 種類別
  2. 作成方法別
  3. 依頼先別

順番に紹介していきます。

種類別!ホームページ作成にかかる費用の相場

ここでは、ホームページの作成費用を種類別に紹介します。

紹介するホームページの種類は、以下の通りです。
  1. コーポレートサイト
  2. オウンドメディア
  3. ランディングページ
  4. ポータルサイト
  5.  採用サイト
  6. ECサイト
順番に費用の相場を紹介していきます。
コーポレートサイト
 

コーポレートサイトとは、会社が企業活動やサービス内容などを発信するサイトです。

作成費用の相場は約20~100万円ですが、求めるコーポレートサイトの内容によって費用は異なります。

以下の表で、制作費用や内容をまとめたため、参考にしてください。
 

制作費 主な依頼先 内容
~10万円 フリーランス 簡易的なサイト
10万~50万円 フリーランス・中小規模の制作会社 最低限の情報が載っているサイト
50万~100万円 中小規模の制作会社 サービス内容が載っているサイト
100万~300万円 中小規模の制作会社・大手の制作会社 集客が期待できるサイト
300万円~ 大手の制作会社 ブランディングできるサイト

オウンドメディア

オウンドメディアとは、サービス内容以外のコンテンツを含むさまざまな情報を発信するサイトです。

作成費用の相場は約20~60万円ですが、求めるオウンドメディアの内容によって費用は異なります。

以下の表で、制作費用や内容をまとめたため、参考にしてください。
 

制作費 主な依頼先 内容
~20万円 中小規模の制作会社 簡易的なサイト
20万~100万円 中小規模の制作会社 オリジナルデザインのサイト
100万~300万円 中小規模の制作会社・大手の制作会社 集客やブランディングが期待できるサイト
ランディングページ

ランディングページとは、広告を経由して訪問者が初めにアクセスするページです。

作成費用の相場は約5~35万円ですが、求めるランディングページの内容によって費用は異なります。

以下の表で、制作費用や内容をまとめたため、参考にしてください。
 

制作費 主な依頼先 内容
~10万円 フリーランス 簡易的なページ
10万~30万円 フリーランス・中小規模の制作会社 少しデザインにこだわったページ
30万~50万円 中小規模の制作会社 構成やコンテンツにこだわったページ
50万円~ 中小規模の制作会社・大手の制作会社 コンバージョンに徹底的にこだわったページ
ポータルサイト

ポータルサイトとは、さまざまなページへの入口となるサイトです。

作成費用の相場は約20~100万円ですが、求めるポータルサイトの内容によって費用は異なります。

以下の表で、制作費用や内容をまとめたため、参考にしてください。
 

制作費 主な依頼先 内容
~40万円 中小規模の制作会社 最低限の機能が搭載してあるサイト
40万~80万円 中小規模の制作会社 最低限の機能に加えて、メルマガの配信機能なども搭載してあるサイト
80万円~ 中小規模の制作会社・大手の制作会社 コンバージョンを獲得できる機能が搭載してあるサイト
採用サイト

採用サイトとは、自社への就職を希望する人に向けて情報を発信するサイトです。

作成費用の相場は約30~100万円ですが、求める採用サイトの内容によって費用は異なります。

以下の表で、制作費用や内容をまとめたため、参考にしてください。
 

制作費 主な依頼先 内容
~50万円 中小規模の制作会社 最低限の情報が載っているサイト
50万~150万円 中小規模の制作会社 最低限の情報に加えて、インタビュー記事などが載っているサイト
150万円以上 中小規模の制作会社・大手の制作会社 最低限の情報に加えて、動画コンテンツなどが載っているサイト
ECサイト

ECサイトとは、自社のサービスを販売する独自のサイトです。

作成費用の相場は約50~200万円ですが、求めるECサイトの内容によって費用は異なります。

以下の表で、制作費用や内容をまとめたため、参考にしてください。
 

制作費 主な依頼先 内容
~100万円 中小規模の制作会社 ASP型のサイト
100万円~500万円 中小規模の制作会社 オープンソース型のサイト
500万円以上 中小規模の制作会社・大手の制作会社 パッケージ型のサイト

 

作成方法別!ホームページ作成にかかる費用の相場

ここでは、ホームページの作成費用を作成方法別に紹介します。

紹介する作成方法は、以下の通りです。
  1. 完全オリジナルで制作を依頼する
  2. CMSによる制作を依頼する
順番に費用の相場を紹介していきます。

完全オリジナルで制作を依頼するケース
完全オリジナルの作成方法とは、依頼先にホームページの希望を聞いてもらい、1からオーダーメイドで作成してもらう方法です。

作成費用の相場は、約20万~100万円です。

完全オリジナルで依頼する場合、制作費用が高くなる傾向がありますが、他社との差別化を図れるメリットがあります。

CMSによる制作を依頼するケース

CMSによる制作を依頼する作成方法とは、WordPressなどのCMSでホームページを作成してもらう方法です。

作成費用の相場は、約3万~30万円です。

CMSで用意されているテンプレートをそのまま使用すれば安価で作成できますが、他社との差別化が図れません。

他社との差別化を図る場合は、テンプレートのカスタマイズを依頼しましょう。

依頼先別!ホームページ作成にかかる費用の相場

ここでは、ホームページの作成費用を依頼先別に紹介します。

紹介する依頼先は、以下の通りです。
  1. 広告代理店
  2. 制作会社
  3. フリーランス
順番に費用の相場を紹介していきます。
広告代理店に依頼するケース

広告代理店にホームページ作成を依頼する場合、100万円以上はかかるものと認識しておきましょう。

広告代理店のほとんどは、ホームページ作成を外注するため、作成費用に15~50%のマージンが上乗せされるからです。

依頼するホームページの種類が、広告代理店が抱えている制作会社の得意分野であれば、高品質のホームページが期待できます。

制作会社に依頼するケース

制作会社にホームページ作成を依頼する場合、30万円以上はかかることが多いです。

中小規模の制作会社であれば30万円程度でホームページが作成できます。しかし、大手の制作会社になると、100万円以上はかかると認識しておきましょう。

大手の制作会社は中小規模の制作会社よりも制作費用が高くなるものの、さまざまな種類やジャンルのホームページに対応できる点が魅力です。

依頼するホームページの種類を得意としている中小規模の制作会社に依頼すれば、大手の制作会社よりも安価で高品質なホームページが期待できます。

フリーランスに依頼するケース

フリーランスにホームページ作成を依頼する場合、費用の相場は約10万円です。

制作会社のような本格的なホームページは期待できませんが、安価で作成できる点が特徴でしょう。

また、依頼するフリーランスに直接ホームページの条件を伝えられるため、認識の相違が起こりづらい点も魅力です。