• トップ
  • Web知識
  • ホームページ作成にはスマホ対応が必須!おすすめのツール5つや注意点も紹介

ホームページ作成にはスマホ対応が必須!おすすめのツール5つや注意点も紹介

「ホームページを作成するならスマホ対応は必須?」
「スマホ対応のホームページが作成できるツールを知りたい」

このように気になってはいませんか。

多くの人がホームページで情報を得る時代。
ホームページを作成するのであれば、スマホに対応させておきましょう。

本記事では、スマホ対応のホームページを作成する方法やおすすめのツール5つを紹介します。

また、ホームページを作成する際の注意点を解説するため、ホームページの作成を検討している方は参考にしてください。

スマホ対応のホームページ作成は必須

ホームページを作成するのであれば、必ずスマホに対応させておきましょう。

なぜなら、世帯におけるスマホの保有率が8割を超えているからです。

令和2年に発表した総務省の「情報通信白書」によると、2019年における世帯のスマホの保有率は83.4%でした。

それに対し、パソコンの保有率は69.1%であり、パソコンよりもスマホが普及しているのです。

「パソコンを保有していないが、スマホは保有している」人がいることもわかるでしょう。

ホームページを作成しても、スマホに対応していなければ、スマホユーザーを取りこぼしてしまうのです。

そのため、ホームページを作成する際はスマホに対応させておきましょう。

スマホ対応のホームページを作成する方法2つ

前章では、スマホ対応のホームページを作成する必要性を説明しました。

この章では、スマホ対応のホームページを作成する方法2つを紹介します。

紹介する方法は、以下の通りです。
  1. スマホ専用のホームページを作成する
  2. パソコンと兼用のホームページを作成する
これより順番に説明していきます。

スマホ専用のホームページを作成する

スマホ対応のホームページを作成する方法の一つに、スマホ専用のホムページを作成するといったものがあります。

メリットは、スマホユーザーにとって見やすいデザインで作成できる点です。

スマホとパソコンは表示画面の形やサイズが異なるため、パソコンで見やすいページがスマホでは見づらいこともありえます。

スマホ専用のホームページはスマホユーザーに特化しているため、ユーザーの満足度を上げやすいのです。

それに対し、デメリットは、作成に手間がかかってしまう点です。

パソコン用とは別でホームページを作成する必要があるため、2倍の手間がかかってしまいます。


パソコンと兼用のホームページを作成する

スマホ対応のホームページを作成するもう一つの方法は、パソコンと兼用のホムページ(レスポンシブサイト)を作成する方法です。

訪問者の使用するデバイスに合わせて、画面のレイアウトを自動で変化します。

兼用のホームページを1つ作成すれば良く、手間が少なかったり、作成コストを抑えられるする点がメリットです。

それに対し、サイトの表示速度が遅くなったり、デザインに妥協しないといけなかったりする点がデメリットに挙げられます。

スマホ対応のホームページが作成できるツール5選

これまで、スマホに対応したホームページを作成する方法を説明しました。

この章では、スマホ対応のホームページを作成するツールを5つ紹介します。

紹介するツールは、以下の通りです。
  1. Jimdo
  2. Wix
  3. ペライチ
  4. Ameba Ownd
  5. Goope
これより順番に説明していきます。

Jimdo

Jimdo(ジンドゥー)は、200万以上のユーザーに利用されている最大級のホームページ作成ツールです。

AIが搭載されており、登録時の質問に答えると、あなたに最適のホームページを作成してくれます。

また、作成したいホームページの雰囲気やベースカラーを選択するだけで、プロが作ったようなデザインになる点も魅力です。

そのため、「初心者でも本格的なホームページを作成したい」方におすすめでしょう。

Wix

Wix(ウィックス)は、幅広い業種に対応できるように数百種類ものテンプレートが用意されているホームページ作成ツールです。

コーディングの知識は不要で、直感でホームページを作成できる点が魅力でしょう。

ドラッグとドロップの操作で簡単に編集できます。

また、2万円以上にも及ぶ写真や動画素材を利用できる点も嬉しいポイントです。

そのため、「直感的な操作でホームページを作成したい」方におすすめします。

ペライチ

ペライチは、1枚のホームぺージの作成に特化したホームページ作成ツールです。

たったの3ステップでホームページが完成する点が最大の魅力です。

業種や目的ごとにテンプレートが用意されているため、作成したいイメージ近いテンプレートを選びます。

そして、テンプレートのテキストと画像を自由にカスタマイズして、公開ボタンを押すだけで完了です。

「1枚のホームページやランディングページを作成したい」方におすすめでしょう。

Ameba Ownd

Ameba Ownd(アメーバオウンド)は、株式会社サイバーエージェントが提供しているホームページ作成ツールです。

スマホだけで簡単に作成できる点が特徴で、出先からでも作れます。

また、無料プランでは独自ドメインが使用できないものが多い中、無料で独自ドメインを設定できる点も魅力です。

その他にも、1GBの画像容量やソーシャルメディアの連携表示など、ホームページに必要な機能が無料で利用できます。

「無料で独自ドメインを設定したい」方におすすめのツールです。

「1枚のホームページやランディングページを作成したい」方におすすめでしょう。

Goope

Goope(グーペ)は、10万人以上が利用しているホームページ作成ツールです。

豊富なデザインのテンプレートが用意されており、最短1日でホームページが作成できます。

ショッピングカートや予約フォーム・お問い合わせフォームなど、店舗のホームページに必要な機能が揃っている点が魅力です。

また、SSLオプションが標準搭載されており、セキュリティが強くて安心です。

第三者から情報を読み取られる心配はありません。

そのため、「店舗のホームページを作成したい」方におすすめです。

スマホ対応のホームページを作成する際の注意点

これまで、スマホ対応のホームページを作成するツールを紹介しました。

この章では、スマホ対応のホームページを作成する際の注意点を解説します。

解説する注意点は、以下の2つです。
  1. 無料プランは機能に制限がある
  2. 自作は外注よりも完成度が下がる
これより順番に説明していきます。

無料プランは機能に制限がある

ホームページ作成ツールの中には、無料プランが用意されているものがあります。

無料でホームページが作成できる点は魅力ですが、使える機能が制限されているのです。

独自ドメインが設定できなかったり、容量が制限されていたりします。

無料プランでは、理想のホームページが作成できない可能性があるのです。

そのため、無料プランで満足できない場合は、有料プランも検討してみてください。

自作は外注よりも完成度が下がる

自作でホームページを作成する最大のメリットは、作成費を抑えられる点でしょう。

また、更新も自社で行えるため、更新費用も抑えられるのです。

しかし、デザインが優れていたり、機能が充実していたりするなどプロの企業に外注するメリットもあります。

そのため、作成にかかる費用だけではなく、機能や費用対効果も含めて検討してみましょう。

※ちなみに、当社ハイファクトリでは低価格で高品質のホームページを作成しています。

43,780円(税込)で5ページまで作成できるのです。

メールや電話などサポート体制が充実しているため、この機会にぜひお見積り依頼をしてみてください。

まとめ:スマホ対応のホームページを作成して集客を成功させよう

本記事では、スマホ対応のホームページを作成する方法を説明しました。

紹介した方法は、以下の2つです。
  1. スマホ専用のホームページを作成する
  2. パソコンと兼用のホームページを作成する
それぞれのメリットとデメリットを理解して、どちらの方法を選ぶか決めましょう。

また、ホームページを作成する際の注意点も解説しました。

無料プランが用意されているツールが多いですが、機能が制限されている場合がほとんどです。必要に応じて、適切なプランを選択してください。

本記事を参考にして、スマホに対応した理想のホームページを作成しましょう。