ECサイトのCMS代行!依頼のコツは?

ECサイトのCMS代行!依頼のコツは?

ECサイトのCMS代行を依頼する時のコツは、まずどこらへんまで外注するのかを明確にしておくことです。
CMS設置代行サービス業者と一口に言っても実に様々な業者があり、たんにCMSをサーバーに設置して、
あとはデザインをちょっとカスタマイズする程度で納品する業者もありますし、
サイト作成だけでなくECサイトの運営やSEO対策、ブランディングなどまで幅広くカバーしてくれる業者もあります。

また、既存のCMSを使うのにとどまらず、独自のCMSを作ってくれるような業者もあります。
ですから、代行業者に依頼する前に、外注する範囲と、自分たちでやれる範囲をある程度明確にしておくべきです。
しかし、WEBに関してまったく何も知識がないと、どこらへんまで自分でやれるのかのイメージも全く湧いてきませんから、
事前に少しWEBについて勉強しておくことが望ましいです。

可能であるなら、自分でレンタルサーバーを借りてみて、そこでCMSの設置体験を行ってみることです。
現在のレンタルサーバーでは、たいていボタン一つでCMSを簡単に設置することが可能で、
素人でもマニュアル通りに進めれば迷うことなく設置できます。

そして、設置したCMSを少しいじって遊んでみると理解が深まるはずです。
それから、代行業者を探す際は、なるべく対面で会ってくれる業者を選んだ方がいいです。
やり取りは全てメールや電話のみというような業者も存在しますが、
やはりメールだけでは伝えられない事も多いです。

それに、メールか電話のみという業者は、必要最低限の事しかしてくれない場合が多く、
サイトを作ったら後はサヨウナラということが多いです。

しかしECサイトを成功させるには、サイト作成の他にもたくさんのノウハウが必要で、
そういうノウハウを提案してくれる業者を選んだ方が絶対にいいです。
また、実際にどのようなサイトを作ってきた実績があるのかを、ちゃんと公開している業者が望ましいです。
WEB業界は新しい業界で、うさん臭い業者も多数存在しますから、実績の有無の確認はとても大事です。