• トップ
  • Web知識
  • ホームページ作成が無料のツール5選!メリットやデメリットも解説

ホームページ作成が無料のツール5選!メリットやデメリットも解説

「ホームページを無料で作成したい」と思っていませんか。

無料でホームページを作れるツールは数多くあります。

それぞれの特徴を理解して、自分に合ったものを選びましょう。

本記事では、無料プランがあるホームページ作成ツール5個を紹介します。

また、利用するメリット・デメリットも紹介するため、ホームページ作成ツールの利用を検討している方は参考にしてください。

無料プランがあるホームページ作成ツール5選の比較表

まずこの章では、無料プランがあるホームページ作成ツールを5個紹介します。

紹介するおすすめのツールは、以下の通りです。
  1. WordPress
  2. Wix
  3. ペライチ
  4. Jimdo
  5. Ameba Ownd
以下の表でツールの特徴をまとめたため、まずはご覧ください。
 
ツール名 無料プランのページ公開数 無料プランの容量 サポート体制
WordPress 無制限 無制限
Wix 100ページ 500MB 電話/チャット
ペライチ 1ページ 無制限 チャット/メール
Jimdo 5ページ 500MB メール
 Ameba Ownd 10ページ 1GB メール

無料プランがあるホームページ作成ツールのおすすめ5選

この章では、無料プランがあるホームページ作成ツールのおすすめ5個を紹介していきます。

紹介する順番は、以下の通りです。
  1. WordPress
  2. Wix
  3. ペライチ
  4. Jimdo
  5.  Ameba Ownd
これより順番に説明していきます。
 

WordPress

WordPressは、世界中で圧倒的なに人気を誇っているホームページ作成ツールです。

有料のテーマなどを購入しなければ、基本的に無料で利用できます。

ページ公開数に制限がない点が特徴で、ページ数を気にせずにさまざまなコンテンツの記載が可能です。

また、拡張性や自由度の高い点も魅力でしょう。

プラグインをインストールすれば、問い合わせフォームの設置やセキュリティ対策などが簡単に行えるのです。
 

Wix

Wixは、世界で2億人以上が利用しているホームページ作成ツールです。

画像やテキストといったパーツをドラッグとドロップで編集できるため、初心者の方でも安心でしょう。

無料プランでも「Wix ADI」という機能が使用できて、簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適なホームページが作成できます。

ちなみに、100ページまでのページ公開数の制限があり、有料プランに移行しても制限は解除されません。
 

ペライチ

ペライチは、1枚もののホームページやランディングページの作成に特化しているホームページ作成ツールです。

30万人以上のユーザーに使用されています。

用意されているテンプレートを選択して、見たまま操作でテキストや画像を編集するだけで、高品質のホームページを作成可能です。

ただし、無料プランでは独自ドメインが使用できなかったり、SNS連携ができなかったりするなどの機能制限があります。
 

Jimdo

Jimdoは、200万人以上のユーザーに利用されているホームページ作成ツールです。

無料プランでもすべてのテンプレートを使用できるため、初心者でも簡単にホームページを作成できます。

また、見たまま編集ができる点も魅力で、専門的な知識がなくても直感で操作できるのです。

ちなみに、ページの公開数は5ぺージまでです。
 

 Ameba Ownd

Ameba Owndは、株式会社サイバーエージェントがサービスを提供しているホームページ作成ツールです。

シンプルでお洒落なデザインテーマが多く用意されている点が特徴でしょう。

ベースカラーやフォントを組み合わせれば、初心者の方でも自分らしいホームページを作成できるのです。

また、無料でSNSと連携できたり、独自ドメインを設定できたりするメリットもあります。

ちなみに、10ページまでのページの公開制限があります。

無料プランがあるホームページ作成ツールを利用するメリット

これまでおすすめのホームページ作成ツールを紹介してきました。

この章では、利用するメリットを3つ説明します。

紹介するメリットは、以下の通りです。
  1. 無料で利用できる
  2. 専門的な知識がいらない
  3. 自社で自由に更新できる
これより順番に説明していきます。
 

無料で利用できる

無料プランがあるホームページ作成ツールを利用するメリットは、費用を抑えてホームページを作成できる点です。

ホームページ作成を制作会社に依頼すると、必ず費用は発生します。

費用を支払ったにも関わらず、効果が出ない事態も起こりえるのです。

それに対し、ホームページ作成ツールの無料プランを利用すれば、作成したホームページで効果が出なくても大損にはなりません。
 

専門的な知識がいらない

無料プランの有無に限らず、専門的な知識がなくても利用できる点がホームページ作成ツールのメリットの一つです。

0からHTMLやCSSを勉強するとなると膨大な時間がかかりますが、ホームページ作成ツールを使用すれば習得時間はいりません。

そのため、専門的な知識がない初心者の方でも、短時間で簡単にホームページを作成できる点が魅力でしょう。

自社で自由に更新できる

自社で自由に情報を追加したり、変更したりできる点がホームページ作成ツールのメリットの一つです。

制作会社にホームページの作成を依頼した場合、制作会社に情報の更新を依頼する必要があります。

作成依頼の費用に加えて、更新依頼にも費用が発生してしまうのです。

さらには、ホームページの更新依頼には依頼する時間も要するため、情報の鮮度が落ちてしまいます。

そのため、費用を抑えて更新できたり、情報をすぐに更新できたりする点がメリットなのです。

無料プランがあるホームページ作成ツールを利用するデメリット

これまでホームページ作成ツールの無料プランを利用するメリットを説明しましたが、無料で利用できる反面、デメリットも存在します。

この章では、ホームページ作成ツールの無料プランを利用するデメリットを説明します。

紹介するデメリットは、以下の通りです。
  1. 広告が表示される
  2. 独自ドメインが使用できない
  3. 他のホームページと似る恐れがある
これより順番に説明していきます。
 

広告が表示される

無料プランを費用を払わずに利用できる代わりに、ホームページ上に広告が表示される場合があります。

訪問者が広告を踏むと、ホームページ外に移動してしまうため、離脱率が上がってしまうのです。
 

独自ドメインが使用できない

無料プランの多くは、独自ドメインを使用できません。

ツールを提供している会社のドメインがアドレスに入ってしまうのです。

無料プランで独自ドメインを使用したい場合は、WordPressなどの独自ドメインを設定できるものを選びましょう。
 

他のホームページと似る恐れがある

無料プランがある作成ツールは、多くの人が利用しています。

用意されているテンプレートを利用すれば、他のホームページと似たデザインになる可能性があるのです。

テンプレートをカスタマイズすれば被りづらくはなりますが、デザインが似てしまう場合があることを理解しておきましょう。

まとめ:デメリットを理解して無料ホームページ作成ツールを活用しよう

本記事では、無料プランのあるホームページ作成ツールを5つ紹介しました。

紹介したツールは、以下の通りです。
  1. WordPress
  2. Wix
  3. ペライチ
  4. Jimdo
  5. Ameba Ownd
それぞれ特徴や利用できる機能は異なるため、理想のホームページを作成できるツールを選びましょう。

また、ホームページ作成ツールの無料プランを利用するメリットとデメリットも説明しました。
 
メリット
  1. 無料で利用できる
  2. 専門的な知識がいらない
  3. 自社で自由に更新できる
デメリット 広告が表示される
独自ドメインが使用できない
他のホームページと似る恐れがある

無料プランには費用を抑えられるというメリットがある反面、広告が表示されるなどのデメリットがあります。

デメリットも理解して、ホームページ作成ツールの無料プランを利用しましょう。

※ちなみに、当社ハイファクトリでは格安でホームページ作成を行っています。

5ページのホームページの場合、43,780円(税込)で利用できるうえに、SEO対策も講じてもらえます。

そのため、費用を極力抑えながらSEO対策も行いたい方は、利用を検討してみてください。