多くの経営者に選ばれて3冠達成 高品質なホームページが39,800円(税別) 最短3営業日でホームページ開設 業界最安値月額4,800円 詳細はこちらをクリック
  • トップ
  • Web知識
  • ホームページ制作はなぜ高い?3つの理由と費用を安く抑える方法を解説

ホームページ制作はなぜ高い?3つの理由と費用を安く抑える方法を解説

ホームページはビジネスにおける重要な集客ツールですが、制作費用の高さから二の足を踏む方も多いのが現状です。

しかし、適切な方法を取ることで、費用を抑えつつ高品質なホームページが制作できます。

そこで本記事では、ホームページ制作の費用目安やコストを抑える方法を詳しく解説します。

「ホームページ制作費用を抑えたい」「予算内で要望に合った制作会社へ依頼したい」とお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

最短3営業日 39,800円で高品質なHP作成

  • 業界最安値の月額4,800円
  • 多くの経営者に選ばれて3冠達成
  • SNSとの連携もOK!
  • 2,000を超える制作実績
  • 検索に強くなるSEO対策付
最短3営業日で納品!39,800円 高品質HP作成はウェブサクッ!詳しく見る
詳細はこちらから

ホームページ制作が高い3つの理由

では、ホームページ制作が高くなる3つの理由を紹介します。
  1. 関わるスタッフ数の増加による人件費
  2. SEO対策などのWebマーケティング施策の実施
  3. オーダーメイドでの制作

関わるスタッフ数の増加による人件費

ホームページ制作費用が高くなる一因に、関わるスタッフの多さがあります。

特に大手制作会社に依頼すると、プロジェクトにはディレクターやデザイナー、システムエンジニアなど複数の専門家が参加することが一般的です。

各分野に特化したスタッフがそれぞれの専門知識を活かし、企画やデザイン、開発から運用まで総合的にサポートしているため、人件費が高くなります。

ホームページで質の高いサービスを求める場合は、人件費が一番のコストとなることを理解しておきましょう。
 

SEO対策などのWebマーケティング施策の実施

ホームページ制作では、SEO対策がセットになっている場合が多いです。

SEO対策とは、検索エンジンでの表示順位を上げ、サイトへの訪問者を増やすための戦略です。

キーワード選定やコンテンツの最適化など、多岐にわたる作業が必要になります。

効果的な戦略の立案や実施には、専任のSEOエキスパートやマーケティング専門家の参加が必要なため、人件費も増加します。

Webマーケティング施策の実施には、初期費用だけでなく長期的な運用コストもかかるため、注意が必要です。

オーダーメイドでの制作

オーダーメイドでの制作も、ホームページ制作費用が高くなる理由の一つです。

既製のテンプレートを用いる場合と異なり、オーダーメイドでは企業のイメージやニーズに合わせてカスタマイズします。

ヒアリングからデザインの企画や構築、テストまで、各ステップで専門知識が必要となるため、多くのデザイナーやエンジニアが関与します。

その結果、高品質で独自性のあるホームページが完成する一方で、工数が増加し、総合的にコストが高くなります。

オーダーメイドでの制作は、求める品質と費用のバランスを考慮して検討しましょう。

ホームページ制作費用の主な構成

ホームページ制作費用は、主に3つの要素で構成されます。
  1. デザイン
  2. 開発・実装
  3. ディレクション

デザイン

ホームページ制作費用の大きな構成要素の一つが「デザイン」です。

デザインは企業のブランドイメージを反映し、ユーザーへの視覚的な魅力と使いやすさに直結するため重要です。

プロのデザイナーは、レイアウトや色合い、フォント、画像選定など、多くの要素を細かく調整し、企業のターゲットユーザーに価値を提供します。

また、質の高いデザインは、ユーザーの満足度を高め、成果にもつながります。

デザインが制作費用の大きな割合を占めることを理解しておきましょう。

開発・実装

デザイン完成後は、それを実際のWebページとして機能させる、コーディングと呼ばれる工程が必要です。

コーディングには、HTML、CSSなどのフロントエンド技術や、データベースやサーバー設定を含むバックエンド技術が含まれます。

開発者はプログラミング言語を使用して、安全性やパフォーマンス、拡張性を考慮してホームページを制作していきます。

コーディングには高度な技術と多くの時間がかかるため、費用が高くなりやすいです。

開発・実装が、制作費用に与える影響が大きいことを認識しておく必要があります。

ディレクション

ディレクションも、ホームページ制作費用の主な構成要素の一つです。

そもそもディレクションとは、プロジェクト全体の進行管理を指し、クライアントの要望を正確に反映させながら、デザイナーやエンジニアなどを統括する役割を担います。

ディレクターが、全体のスケジュール管理や品質チェックを行い、円滑にプロジェクトを進行することで、予期せぬトラブルやコストの追加を防げます。

ホームページ制作に欠かせないディレクションは、制作費用の根幹となる要素と言えるでしょう。

実際に高い?ホームページ制作の費用目安

ホームページ制作費用は、依頼先によって大きく異なります

法人やフリーランスなど、業者ごとの料金体系やサービス内容も理解することで、最適な依頼先を選定できます。

以下の表に、一般的なホームページ制作費用の目安をまとめました。
依頼先 初期費用 月額費用

フリーランス

10~30万円

1~3万円

小中規模法人

30~100万円

3~5万円

大手制作会社

100~300万円

5~10万円


※上記の金額はあくまでも一例となります。

依頼先を選ぶ際には、予算だけでなく求める機能やサポートのバランスも考慮することが重要です。

たとえば、高い費用で充実したサポートを提供してくれる業者を選ぶことで、長期的にコストを削減できます。

ホームページ制作費用に影響する4つのポイント

次に、ホームページ制作費用に影響する4つのポイントを紹介します。
  1. ホームページ制作の目的
  2. ホームページのデザインや機能の充実度
  3. 依頼するホームページ制作会社の規模
  4. ホームページ制作会社のサービス内容

ホームページ制作の目的

ホームページの目的に応じて必要な要素や機能が変わるため、制作費用にも差が生じます。

たとえば、企業のブランディング強化を目的としたホームページでは、デザイン性や一貫性が重視されるため、高品質なデザインや画像制作に時間と費用がかかるでしょう。

また、商品のオンライン販売を目的としたECサイトの場合、商品管理システムや決済機能、セキュリティ対策など、多岐にわたる機能が必要です。開発や設計に多くのリソースが投入されるため、費用が高くなります。

ホームページ制作の目的を明確にして、最適な要素や機能を選定することで、費用対効果を高められます

ホームページのデザインや機能の充実度

魅力的で洗練されたデザインは、ブランドイメージの向上と成約率を高めるために欠かせません。

しかし、細部にこだわったデザインやイメージの制作には多くの時間とコストが伴います。たとえば、レスポンシブデザインやアニメーション要素を取り入れた高度なデザイン作業は、制作費用を押し上げる要因となります。

また、機能の充実度もコストに直接影響する要素です。

基本的な情報を提供するシンプルなサイトに比べ、チャットサポートなどを有する多機能なサイトは、開発にかかる時間と費用も高くなります。

予算内で効果的なホームページを作るためにも、デザインや機能の充実度のレベルを考慮しておくと良いでしょう。

依頼するホームページ制作会社の規模

ホームページ制作会社は大企業から中小企業、フリーランスまで多岐にわたります。

それぞれの規模ごとに独自の強みとコスト構造が存在し、どのタイプを選ぶかによって費用に大きな差が出ます。

たとえば、大手制作会社は豊富なリソースと技術力を持つため、高度なデザインや複雑な機能が必要なプロジェクトに適しているでしょう。

一方、中小規模の企業やフリーランスは、柔軟な対応やオーダーメイドのサービス提供を得意としているため、比較的安価な料金で制作が可能です。

依頼する会社の規模や特性を見極めることが、予算内で最適なホームページを制作するために重要です。

ホームページ制作会社のサービス内容

各制作会社は多種多様なサービスを提供しており、その内容によってコストは大きく変動します。

デザインやコーディングなどは基本サービスに含まれることが多いですが、それ以外はオプションとなる会社も多いです。

たとえば、サイトの検索順位を向上させるために不可欠なSEO対策を追加した場合、マーケティング施策としてコストが上乗せされます。

また、サイト公開後の保守運用もホームページの信頼性と安全性の維持に必要ですが、追加料金が発生します。

不用意に追加サービスを依頼せず、自社のニーズに最適なサービスのみを選ぶといいでしょう。

ホームページ制作費用を抑える4つの方法

では、ホームページ制作費用を抑える4つの方法を紹介します。
  1. デザインテンプレートのある制作会社に依頼する
  2. CMSなどのサービスで制作する
  3. 本当に必要な機能のみ導入する
  4. 複数の会社に相見積もりを取る

デザインテンプレートのある制作会社に依頼する

多くの制作会社は、すでに作成された高品質なデザインテンプレートを活用しています。

テンプレートを使用することで、オリジナルのデザインを1から作成する必要がありません。

デザインの作業時間とコストを大幅に削減できる上、短期間で品質の担保されたホームページを制作できます。

また、デザインテンプレートは、業種や目的に合わせて多様なスタイルがあるため、自社のイメージに適したものを選択することも可能です。

費用対効果の高いホームページ制作を実現するためには、デザインテンプレートの活用が有効です。

CMSなどのサービスで制作する

CMSなどのサービスの利用も、ホームページ制作費用を抑える方法の一つです。

CMSとは、Contents Management Systemの略称で、専門的な知識がなくても簡単にWebサイトを構築・管理できるツールのこと。代表的なものにWordPressやWixなどがあります。

CMSを利用することで、テンプレートやプラグインを使いながら、自分でホームページの作成や更新ができます

プロのデザイナーやエンジニアに依頼する必要がないため、初期費用やメンテナンスにかかるコストを大幅に削減できるでしょう。

本当に必要な機能のみ導入する

多機能なホームページは魅力的に見えますが、必要以上の機能はコストを押し上げ、運用の複雑さを増す要因ともなります。

検討段階で、ビジネスの目的やターゲットユーザーを明確にし、求められる基本的な機能を特定しましょう

たとえば、ホームページの目的が商品紹介なら、ショッピングカート機能や複雑なデータベース設計は不要です。

一方で、予約機能が必須なホームページであれば、他の機能を絞って優先的に開発していく必要があるでしょう。

最初から必要以上の機能を実装するのではなく、段階的に追加していくことで、ホームページ制作のコストを抑えられます。

複数の会社に相見積もりを取る

ホームページ制作費用を抑える上では、複数会社から相見積もりを取ることも欠かせません。

相見積もりを取ることで、各社の料金体系やサービスの違いを把握でき、自社にとって最適なコストパフォーマンスを持つ会社を選択できます。

また、複数の会社に見積もりを依頼することで、ぼったくりや低品質な会社を選んでしまうリスクを減らせるメリットもあります。

費用だけでなくサポート内容なども踏まえて各社の見積もりを比較し、総合的に評価が高い会社に依頼するといいでしょう。

費用が高い…とお悩みなら格安ホームページ制作のウェブサクッ!にお任せ

ホームページ制作は、専門的な知識や技術が必要であるため、依頼費用が高額になることもあります。

また、通常の業務で手いっぱいで、社内だけでは人材やリソースが確保できないケースもあるでしょう。

そんなときは、格安で高品質なWebサイトを作成するウェブサクッ!にお任せください。

ウェブサクッ!では、ホームページの制作から運用まで全面的なサポートが可能です。

ホームページ制作が初めての方でも気軽に利用できる、初期費用39,800円(税別)のプランも用意しています。ホームページに関する疑問や不安があれば、ぜひお気軽にご相談ください。

ウェブサクッ!に相談する

まとめ:高いホームページ制作コストを少しでも安く抑えよう

ホームページ制作には、多くのデザイナーやエンジニアなどが関わるため、人件費が高額になることが多いです。

しかし、本記事で紹介した方法を効果的に取り入れれば、適正な価格でホームページを作れます。

特に、複数の会社から相見積もりを取ることで、大きな失敗を避けられるでしょう。

また現在、ホームページは安く制作できる時代になりました。「少しでも費用を抑えたい」「安くても品質の高いサイトを作りたい」方は、ぜひお気軽にウェブサクッ!へご相談ください。

ホームページ作成でこんなお悩みありませんか?

  • できるだけ費用を抑えて作りたい
  • 実績が豊富な会社にお任せしたい
  • すぐにホームページがほしい
のようなお悩みを抱えているあなたはウェブサクッ!にお任せください!
  • 高品質でも格安の
    39,800円

  • 2,000を超える
    制作実績

  • 最短3営業日
    開設!

詳細はこちらから
ウェブサクッ!なら ご相談・お見積無料です!気軽に相談してみる
×