• トップ
  • Web知識
  • ホームページ作成は自分でできる!必要なもの3つや注意点も解説

ホームページ作成は自分でできる!必要なもの3つや注意点も解説

「ホームページ作成を自分でおこなう方法が知りたい」と気になってはいませんか。

ホームページを作成した経験が無ければ、何を用意すれば良いのかもわからないですよね。

そこで、本記事ではホームページの作成に必要なもの3つを紹介します。

また、ホームページを作成する方法や注意点も解説するため、ホームページの作成を検討している方は参考にしてください。

 

ホームページは自分で作成できる

まずこの章では、ホームページを自分で作成するメリットとデメリットを解説します。

ホームページ作成を自分でおこなうメリットは費用を抑えられる点です。作成だけではなく、更新にも費用がかかりません。

有料のホームページ作成ツールやサーバー代など費用が発生する場面はありますが、制作会社に依頼するよりも格段に費用は安いのです。

それに対し、デメリットは作成の手間がかかる点でしょう。どれだけ簡単に操作できるホームページ作成ツールを使ったとしても、手間や時間はかかってしまうものです。
 

自分でホームページを作成するために必要なもの3つ

この章では、自分でホームページを作成するために必要なものを3つ紹介します。

必要なものは、以下の通りです。
  1. サーバー
  2. ドメイン
  3. コンテンツ
これより順番に説明していきます。

サーバー

サーバーとは、ホームページに記載するテキストや画像などをアップロードする場所です。パソコンやスマホからリクエスト送った際にテキストや画像を返すといった役割を担っています。

月額料金を払って業者からレンタルすることが一般的です。レンタルサーバーには無料のものありますが、広告が表示されたり、機能が制限されたりといったデメリットがあります。

ドメイン

ドメインとは、ホームページの住所のようなものです。

無料のドメインがありますが、URLに自社とは関係のない文字列が入ってしまうデメリットがあります。また、無料のドメインを提供しているサービスが終了すれば、運営しているホームページは消滅してしまいます。

そのため、長期的な運用を検討している方には有料ドメインがおすすめです。

以下に、使用される頻度の高いドメインをまとめました。
 
ドメイン名 特徴
.com 商業目的で使用されることが多い
.jp 日本国内にいる人しか使用できない
.net オンラインビジネスに使用されることが多い
.org 非営利団体で使用されることが多い
.info 情報提供系のサイトで使用されることが多い

コンテンツ

コンテンツとは、ホームページに記載されるテキストや画像です。人々はコンテンツ目当てにホームページに訪れます。

ホームページにおいて、コンテンツはとても重要です。なぜなら、コンテンツの内容によっては検索結果で上位表示されずに、全く集客できない場合があるからです。

ホームページを作成する目的は人それぞれですが、誰かに向けて発信する点では共通しています。ホームページのデザインに力を入れても、コンテンツで手を抜くと、訪問者は限りなく少ないでしょう。

そのため、ホームページを作る際はコンテンツ作りにも注力する必要があります。
 

自分でホームページを作成する方法3つ

この章では、自分でホームページを作成する方法を3つ紹介します。

紹介する方法は、以下の通りです。
  1. HTMLやCSSでコーディングする
  2. CMSを利用する
  3. ホームページ作成ツールを利用する
これより順番に説明していきます。

HTMLやCSSでコーディングする

ホームページは、HTMLやCSSという言語でコーディングすると作成できます。HTMLでホームページの構造を指定して、CSSでホームページのデザインを調整するといった流れです。

自由にカスタマイズできるため、オリジナルのホームページを作成したい方に向いています。

しかし、プログラミングの知識が必要となるため、プログラミング未経験者には不向きでしょう。

CMSを利用する

ホームページを作成する方法に、CMSを利用するといったものがあります。CMSとは、HTMLやCSSという言語の知識が不要で、コンテンツであるテキストや画像を入れるだけでホームページが完成するシステムです。

専門知識が無くても、完成度の高いホームページが作成できる点が魅力でしょう。

なお、ドメインやサーバーは独自で用意しなければなりません。

ホームページ作成ツールを利用する

自分でホームページを作成する中で最も簡単な方法は、ホームページ作成ツールを利用する方法です。ホームページ作成ツールとは、HTMLやCSSという言語の知識は無くても、簡単にホームページを作成できるツールです。

ドメインやサーバーを自分で用意する必要はありません。そのため、コンテンツ作りに力を入れられるのです。

しかし、カスタマイズできる範囲が小さく、他サイトと似たようなデザインになるデメリットがあります。

ちなみに、以下の記事でおすすめのホームページ作成ツールを紹介しているため、ぜひ併せてご覧ください。

ホームページ作成が無料のツール5選!メリットやデメリットも解説

自分でホームページを作成する際の注意点5つ

この章では、自分でホームページを作成する際の注意点を5つ解説します。

注意点は、以下の通りです。
  1. スマホ対応させる
  2. SSL対応をする
  3. 著作権を侵害しない
  4. 作成後は定期的に更新する
  5. パンくずリストを設置する
これより順番に解説していきます。

スマホ対応をさせる

ホームページを作成する際は、必ずスマホに対応したホームページを作成しましょう。

スマホに対応させていないと、ページが途中で切れてしまったり、文字が極端に小さくなってしまうからです。

以下のの記事でスマホ対応のホームページを作成する方法を解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ホームページ作成にはスマホ対応が必須!おすすめのツール5つや注意点も紹介

SSL対応をする

作成したホームページは、必ずSSL対応をさせておきましょう。SSLとは、ホームページとユーザーのやり取りを暗号化する仕組みです。

SSL対応をさせていないと、悪意のある第三者にハッキングされる恐れがあります。また、SEO的にも不利になるのです。

そのため、ホームページを作成したらSSL化をしておきましょう。

著作権を侵害しない

ホームページを作成する際は、著作権を侵害しないように注意してください。侵害してしまうと、訴えられる可能性があるからです。

他サイトの文章が良かったからといってコピーして使用すると、著作権侵害となります。

また、悪気が無かったとしても、無断で画像を使用してしまっても著作権侵害です。そのため、インターネット上の画像を使用する際は、必ず著作権フリー画像か確認してください。

作成後は定期的に更新する

ホームページを作成した後は、定期的に更新しましょう。

ホームページを更新しないと古い情報ばかりとなり、内容によっては価値のないコンテンツになってしまいます。

そのため、ホームページの作成をゴールとするのではなく、定期的な更新を心がけましょう。

パンくずリストを設置する

ホームページを作成する際は、必ずパンくずリストを設置しましょう。

パンくずリストには、現在読者がホームページ内のどこにいるかを表示する役割があります。

パンくずリストを設置していないと、読者が迷子になってしまい、最終的にホームページを離脱する恐れがあるのです。

 

制作会社にホームページの作成依頼するのもひとつの手

費用は発生するものの、ホームページの作成を制作会社に依頼するのもひとつの手です。

ホームページ制作のプロが担当してくれるため、自分で作成するよりも完成度が高くなります。

また、SEO対策もおこなってくれるため、集客に効果的なホームページの作成も可能となるのです。

以下で、ホームページの作成依頼前に準備すべきことを解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ホームページの作成依頼前の準備10個!おすすめの依頼先3社も紹介
 

まとめ:ホームページ作成を自分でおこなうなら注意点を理解しておこう

本記事では、ホームページ作成に必要なものを紹介しました。

【ホームページ作成に必要なもの】
  1. サーバー
  2. ドメイン
  3. コンテンツ

ホームページは一度作成したら終わりではありません。定期的に更新することで、情報が新鮮となり、価値のあるコンテンツとなるのです。

そのため、ホームページを作成した後も定期的に更新してください。

ちなみに、当社ハイファクトリではホームページを作成するサービス「ウェブサクッ!」を提供しています。5ページのホームページなら43,780円(税込)と格安で作成できるため、ぜひ利用を検討してみてください。